Q

フッ素樹脂加工のフライパンなのに料理がこびりついてしまいます。なぜでしょうか?

A

フッ素樹脂加工製品は「モノがつきにくい」「他のモノと化学的に反応しない」といった性質があり、料理がこびりつかないようになっています。しかし、使い方によってはフッ素樹脂を傷つけ、この性質が無くなってしまう場合があります。
その原因が、空だきや強火で使用したり角の鋭い金属へらを使用したため、フッ素樹脂が損傷した場合は、回復することは考えられません。
使用後に十分洗わなかったために洗い落ちなかった油脂が付着した場合には、中性洗剤とスポンジでよく洗えば、ある程度回復することが期待できます。